FC2ブログ

ヽ['A`]ノキモメンの生活廃棄物展示場    

ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

気がつけば

このブログの記事が100を越えてました。

記念すべき100がフリスクの回です。

ほんと、何やってんですかね。


ちなみに、今回は103回目の更新になるみたいです。

giants_gokko

スポンサーサイト

コンヴィチュニーのフレンニコフ

先日、新しい枕がどうも合わないと書きましたが、結局、慣れた枕に戻してしまいました。もう少し我慢して慣らしてみるのも手かもしれませんが・・・。どうも、ヽ['A`]ノキモメンです。>挨拶

フレンニコフ:交響曲第2番
フランツ・コンヴィチュニー
ベルリン放送交響楽団
Rec:1955年4月21日 ライヴ
MMemories"Reverence"  R2014

Khrennikov2


コンヴィチュニー希少録音集より。フレンニコフ死去なんてニュースもありましたが、その前にリリースされたCDです。

ストコフスキーのラフマニノフ交響曲第2番

枕を換えたんですが、その枕が合わないのか首が痛いです。どうも、ヽ['A`]ノキモメンです。>挨拶

ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 op.27
レオポルド・ストコフスキー
ハリウッド・ボウル交響楽団
Rec:1946年8月13日 ライヴ
Music&Arts CD769 (再発盤はCD4679)

360826.jpg


フリスク


オイラはフリスクが大好きだ。
あのスースーした清涼感と絶妙な辛さがたまらない。
カバンには常時2箱(2種類)は入っているし、自宅の部屋にも1つは必ず置いてある。
食べるときは3粒からスタートで、多いときは6粒ぐらいを一度に食べる。

しかし、最近はミンティアのドライハード味に浮気気味。
この季節だからこそ、ミント菓子は生活に欠かせない。

まざーつー

机の引き出しを整理していたら、任天堂のMOTHER2のGBA版が出てきたので、数年ぶりかにやってみています。
オイラはGBAは初期版しか持っていないので、画面が暗く、非常に目が疲れます。
スーパースターマンが落とすアイテムの「おうじゃのつるぎ」がなかなか手に入らないので、今日だけで2時間も粘りました。
戦闘後にアイテムを落とした・・・と思ったら、セットで出てきたエナジーマシンの「スーパーボム」で、うおおおお!と叫びそうになった事も何回か。
いっその事、スルーして進めてしまおうかな・・・と諦めそうになってます。

mother2.jpg

飛んで部屋に入るクワガタムシ


ここ数日、クーラーに依存した生活をしていたら腹を壊しまして、朝からピーゴロゴロな状態でござんす。
そんな事もあって、クーラーを使わずに窓を開けて夕涼みをしておりましたら、ブァーンっと黒い何かが部屋の灯りに向かって飛んできたわけでございます。
一瞬、油で揚げるとエビみたいな食感という噂のGなアイツかと思い、ティッシュを手に取って「ええ度胸だ、小僧。射程に入った時が死ぬ時だぜぃ。その次の瞬間にはティッシュで包んでパキっと折って窓から捨てたるぜぃ」と身構えてしまいましたが、何のことは無い。闖入者はクワガタムシだったわけでごぜえます。
カッチカッチと灯りに頭をぶつけてるのも哀れに思えたんで、電気を消して様子を見守っていたら、数分後にまたブーンっと外に飛んでいってしまいました。

捕まえたところで育てる道具なんて、スズムシの籠ぐらいしか無いので、どうしようもないところでしたが、なんだか、勿体無い事をしたような気分です。

フレンニコフ死去

T・フレンニコフ氏死去 ロシアの作曲家

チーホン・フレンニコフ氏(ロシアの著名作曲家)インタファクス通信などによると、14日、心筋こうそくのため、モスクワで死去、94歳。ロシア作曲家同盟や親類が明らかにした。

13年、ロシア西部エレツ生まれ。36年にモスクワ音楽院卒。オペラの「母」などの作品で知られ、バレエの音楽や交響曲、映画音楽なども手掛けた。57年からソ連作曲家同盟第1書記を務め、90年に同議長に就任。76年にはソ連共産党中央委員候補にもなった。作曲家の故芥川也寸志さんと親交があったとされる。(モスクワ共同)

【共同通信】


khrennikov.jpg



お盆がドボン


お墓に先祖の霊を迎えに行ってきた。
線香の火に乗せて帰ってくるので、車が線香臭くなった。


クーラーがガンガンに効いた部屋でコタツに入ると幸せ!ふしぎ!

ラフリンのカリ1

暑くて死にそう。


カリンニコフ:交響曲第1番 ト短調
ナタン・ラフリン
モスクワ放送交響楽団
Rec:1952年
Serenade SEDR 2039

以前、書いたガウクのロシア語第九と同じく、平林氏主催のSerenadeレーベルの復刻。

週刊少年ザッハリッヒカイト

右や左の旦那様、そんな事よりちょいと聞いておくんなまし。
コンビニに行ったら週刊少年マガジンを見つけたから、
ネギまだけ読んどこうとしたら休載してたわけでごぜえます。

んで、仕方無いから涼香を読んでみたんです。
オイラは大分前から涼香の単行本を買ってないんで、読むのは1年ぶりとか、そんなもんでせうか。
それはいいんでげすが、読んでみたら、いつの間にか妊娠したから生みませうとかそんな話になってたんでげす。
高校生が主人公の漫画ですよ。何やっとんですか。
前方!コンドーム薄いよ!何やってんの!と叫びたくなりますね。はい。

オイラが知らない間にマガジンと涼香の世界ではカタストロフィが発生していたみたいです。

まあ、そんだけよ。そらそうよ。

SPAM!SPAM!

最近、SPAM・・・今で言う迷惑メールが大量に来ます。
東部戦線でのT-34戦車のよろしく、消しても消しても次から次へと屍を乗り越えて送られてきます。
丸一日メールボックスを見ないと10通貯まってる事なんてザラにあります。
"迷惑メール"を除外するフォルダに勝手に振り分けられて行くのですが、やっぱりいい気はしませんし、結局は消さなくてはいけません。
たまにですけど、ソリッド・スネークの様に警戒網をすり抜けて通常のメールフォルダに紛れ込んでいたりして油断なりません。
そういう時は「おのれ、甲賀の刺客か!曲者め!叩っ切ってくれるわ!」と即座に迷惑メール報告をして削除します。

ちょっと前は滅多にに来なかったんですけどね。
最近になって急に来るようになったんです。
妙なサイトに登録したりはしてないのに・・・

敵に塩を送った人

先週末、なんとは無しにNHK大河ドラマを見ていたらGackt(←つづり合ってる?)が上杉謙信として出てきた。
まあ、上杉謙信は女性説があるくらいの美男子だったらしいから、それでも良いのかなと思ったり思わなかったり。

でも、上杉謙信女性説って結構面白いよね。
オイラは7~8年ぐらい前に何かの本で読んで知ったんだけど、知った時は「すげぇ!それなんてエロゲ?」って思ったぐらいだ。
覚えている範囲で書き連ねると、
・死因が女性しかかからない病気であった可能性がある。
  確か大中とか大虫とか、そんな病名だったかな?
・毎月一定期間、体調が悪くて仕事をしない時期がある。
  ブルーデイってやつですか?
・生涯結婚していないし、子供もいない。
  いくら男色が容認された時代と言っても世継ぎは最低限作らなくちゃまずいでしょ。
  家督は勿論だけど、形式上の役職とは言え関東管領も貰ったぐらいなんだし。
・手紙には女性的な文法表現を用いていた。
  まあ、紀貫之の土佐日記みたいなものもあるから・・・

まだまだ沢山根拠みたいなものが書かれていたと思うけど、㌧デモな説である事には変わりない。それでも、こういう説は面白いと思う。なんかこう、戦国ランスって感じ。

コバケンのタコ5

なんだかんだで色々言われている最近のコバケンですが、オイラは結構好きです。アーネムフィルとのチャイ5とかは結構良いですね。
でも、日本のオケを振るとイマイチに成り易いのが個人的に残念です。
そこで、今回のタコ5です。

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
小林 研一郎
名古屋・フィルハーモニー管弦楽団
Rec:1999年2月18日 ライヴ
EXTON OVCL-00001

tako_ika.jpg


        
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。