FC2ブログ

ヽ['A`]ノキモメンの生活廃棄物展示場    

ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ヨン・レイフスのヘクラ火山

オマケの耳栓は、CDとは無関係に日常的に使っているうちに無くしました。

レイフス:ヘクラ op.52
レイフ・セーゲルスタム
ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団
Rec:1997年1月
ONDINE ODE894-2

EARQUAKE


このCDは「EarQuake(耳震)」という題字の爆裂曲オムニバスCDで、ヒンジ部に耳栓が入っており、横には「E・A・R plugs for your neighbor」なんてご丁寧に書いてあります。「ユーの隣人に、この耳栓渡してからCD聴けYO!」という事でしょうか? ナイスジョーク。
ヘクラの他には、ハンソンの交響曲第6番第6楽章、レスピーギの「ベルキス」から「戦いの踊り」、ヒナステラのマランボなど、爆演ファンにはたまらない選曲で、5曲に1曲ぐらいの割合で静かな曲(ラウタヴァーラ等)が混ぜられていて、耳が爆音に慣れないように・・・という余計なお世話配慮までされている変なCDです。
スポンサーサイト

雪見大福

あのアイスです。
元々、冬に食べれるアイスをコンセプトに作られただけあって、
この季節になっても美味しく食べられますね。
まあ、オイラ自身がアイスを好きだからって部分もありますけど。


次の話。最近、FC2ブログの調子が悪いです。
おそらく、「新管理画面」とやらが、勝手に導入されてからだと思うのですが、
記事がトップページに表示されなかったり、カテゴリのリンクや並び順が狂ったりと、
今までにない珍奇な状態が続いています。
あと、管理ページやトップページが妙に重かったりする事も増えましたね。
FC2のユーザーフォーラムを見ると、似たような症状や更に酷いバグに悩まされている方が多いようで、運営サイドが必死に事情説明やバグフィックスに翻弄しています。
こんなグダグダな状態になるぐらいなら、「新管理画面」なんて導入しないで、
安定していた旧管理画面に戻せば良いような気がしますが、もう後戻りできないんですかね。
ここでブログを始めた当初は、livedoorより快適で使いやすい状況でありがたかったのですが、それも怪しくなってきたって事でしょうか。
なんとなく不安になったんで、全ブログ記事をバックアップしました。画像抜きで約2メガ。
自分で思ってたよりも、書いてなかったみたいです。

ポリャンスキーのタコ11

最近、本気で寒いですね。
季節の変わり目には9割方風邪を引くオイラにとっては予断を許さない季節です。


ショスタコーヴィチ:交響曲第11番
ヴァレリー・ポリャンスキー
ロシア国立交響楽団
Rec:1995.11
CHANDOS CHAN 9476

CHANjpg.jpg

紅の豚

kurenai.jpg


今まで見ていたVHSが草臥れてきたので、DVDを購入。

ジブリ作品では二番目に好き。(一番はモノノケ、三番はラピュタ)
「ジーラとポルコの賭け」の結果が、ラストシーンに小さく写ってるという話を聞いて確認し、ちょっと感動しました。
ラピュタのラストで画面端で小さく落ちていくムスカといい、芸が細かいですね。

劇場公開当初は面白さがわからなかったけど、最近になって見返してみると、全く見方が変わってきます。
宮崎駿自身が「この作品はオサーン向け」みたいな発言をしてるだけあって、ハードボイルドでカッコいいです。
宮崎駿の雑想ノートのイラストに似たメカが多く登場したりする辺り、やっぱり、宮崎はこういう作品が描きたかったのかなと思うのですが、興行収入はイマイチだったみたいで、この傾向のアニメはもう作らないだろうとも言われています。
ちょっと残念な気分。

バンブーブレード

bb1.jpg


最近、アニメが始まった漫画です。
BambooBlade。英語で「竹刀」という通り、剣道を扱った漫画です。
某所でスレが立ってたので見始めました。

剣道のイメージなんて「ああ、足の裏の皮が大変な事になるんでしょ? ペイン。英語で言うと」ぐらいしか知らないし、剣道漫画なんて「六三四(ムサシ)の剣」と「おれは鉄兵」ぐらいしか知りませんでしたが、
それでも楽しめました。熱血というよりは、剣道部員の日常といった感じ。タマちゃん萌えですね。
キャラの頭身がやたらと高い事がたまにありますが、女性が作画している漫画ではよくある事でもあるので、それほど気にする事も無いかなと。

エシュパイの合奏協奏曲

爆裂現代音楽的ラプソディ・イン・ブルー(Made in CCCP)

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 エシュパイ!エシュパイ!
 ⊂彡


エシュパイ:コンチェルト・グロッソ
      (ソロ・トランペットとピアノとヴィブラホンとコントラバスのための協奏曲)
エフゲニー・スヴェトラーノフ
ソヴィエト国立交響楽団
Tp:アナトリー・マクシメンコ
Cb:ロディオン・アザルヒン
Pf:ピョートル・メシチャニーノフ
Vib:ボリス・ステパノフ
Rec:1974年

エシュパイは、バレエ「A Circle -Apocalypse-」以来の再登場。

ベートーヴェン:交響曲第5番、第7番(マーラー版)

ベートーヴェン:交響曲第5番、第7番(マーラー版)
ペーター・ティボリス
ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
Rec:1993年6月22~27日
Albany  TROY110

tiboris.jpg


ヘリコプター四重奏曲

来日した際にパチンコ屋に入り「日本人はこんな現代音楽を毎日聴いているのか」と言った人。

シュトックハウゼン:ヘリコプター四重奏曲
アルディッティ四重奏団
Rec:1996年
Auvidis Montaigne   MO-782097

heri.jpg


ネタっぽい現代音楽では特に有名な部類に入る曲。
近年の現代音楽でよくある「伝統からの忌避」をメインテーマに作られた。
弦楽カルテットがヘリコプターに乗り込んで、交信しあいながら演奏し、更にその音をマイクで拾って地上でミキシングする。
バラバラバラバラ・・・と轟くヘリコプターの爆音の中で、弦楽器が意味不明な音楽を奏でたり、ローターの回転音を模倣したりし、
奏者は奏者で「あい~ん」「つば~い」「どら~い」「ふぃ~ぁ」と底抜けに能天気な声で合図を出し合うシュールな空気は、悪い夢を見てる気分になる。

それ以外には特に面白いことはなく、聴き切る前に飽きる。
出落ち芸人みたいだ。
新宿のタワーレコードで投売りされている時に購入したんだけど、流通の関係で普段なら2500円ぐらいする。この曲に2500円も払うのは勇気が要りそうだ。

カイジ

kaiji.jpg


一時期、AAが流行ったり、地下王国の通貨「ぺリカ」が散々ネタにされたりして、名前だけは知っていた漫画。
しかし、まあ、ご覧の通り、絵が独特過ぎるので読まず嫌いしていたのだが、読んでみるとなかなか面白い。
これだけのギャンブルやイカサマや仕掛けをよく思いつくものだと感嘆するし、心理描写が非常に上手いから、手に汗握って一気に読みきれてしまう。
もっと早くに読んでおけば良かった。
現在、「黙示録」「破戒録」「堕天録」の三部作が出ていて、その内の第二部である破戒録を読んでいるんだけど、最寄の書店では黙示録と打点録だけあって、何故か中間の破戒録だけ置いてないのが困ったところ。

リアル北斗の拳のような国があるらしい

ちょっと古いニュースですが
海賊に乗っ取られた日本のタンカー、米駆逐艦が追跡中(CNN)
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200710300002.html

日本のタンカーが被害にあった海域を持つソマリアは世界唯一と言ってもいい完全無政府状態の国です。そもそも、国連に認められた正規の政府が隣国のジプチに海外逃亡しちゃって、本当に「無政府」なんだから尋常ではないわけです。
そんなわけで、税金を納めるのが嫌な人や公務員が大嫌いな人にオススメです。なにせ政府が無いので公務員が居ないし、TaxHeavenでもあります。

元政府軍閥やら、反政府軍閥やら、部族勢力やら、武装勢力やらが、群雄割拠する戦国時代に突入していて、中南米辺りにポツリポツリと存在するマフィアやテロリストや反政府勢力が支配している地域もビックリの治安の悪さ。
日本の外務省が「絶対に行くなよ。ほんとに行くなよ。押すなよ!押すなって!」と口を酸っぱくして警告するだけある。かつてブームになった海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」で「この地域は非常に危険なので地図は簡略化させていただきます」なんて書かれた地域を持つ国なんて、ソマリアの他はケニアと南アぐらいしか無いんじゃないかと思う。
と言っても、映画ブラックホーク・ダウンでも描かれたような混沌っぷりはイスラム系勢力がどんどん力を増して首都を制圧するに到って、だいぶマシになったんだけど、今度はそのイスラム系勢力(イスラム法廷会議)が、懐かしのタリバン政権みたいな異常に厳格で強圧的なイスラム教支配をしているのも、これまた問題になってるらしい。

まあ、何が言いたいかっていうと、この国の人達はボートで米海軍に先制攻撃したりと、キャプテン・ハーロック(著:松本零士)の生き様に魅せられたかのような行動をナチュラルにしちゃうから、日本の艦船を守ってくれる相手には給油ぐらいしてやっても良いんじゃないの?って事よ。
日本独自でシーレーンの警護なんて出来ないんだからさ。テロ対策特措法は国内問題もあるから、そう簡単には行かないんだろうけど。

マキシム・ショスタコーヴィチの意外なホームラン

ザ・親の七光り!

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第1番 他
Vn:ヴァレリー・クリモフ
マキシム・ショスタコーヴィチ
ソヴィエト国立交響楽団(ヴァイオリン協奏曲)
モスクワ放送交響楽団(交響曲、他)
Rec:1967年8月12日(ヴァイオリン協奏曲)
  1972年7月27日(交響曲)
ICONE  ICN-9414-2

maxim.jpg


ブログの調子が悪い

3日の午後6時~8時頃に見に来てくれた方はお気づきになられたかと思われますが、FC2ブログのオイラが使っているサーバー(URLにもあるように"94"番)が落ちていました。

午後10時頃には再び閲覧は出来るようになったのですが、今度は新しい記事を投稿しても反映されない状態が続いています。
現在、オイラのブログは132の記事が存在するのですが、133番目の記事を入力しても、ブログとして掲載されないのです。
オイラが一生懸命書いた長文は、「過去の記事」の管理ページにも登録されず、ザ・ハンドの右手に吸い込まれた物体よろしく、何処かへ消えてしまうわけですね。

仕方が無いので、132番目の記事だった「スヴェトラによる詩の朗読」のところを潰して、この通知を書いてるわけです。

一時的なものだとは思いますが、どうしても直らないなら移転するしかないのかな?


※追記


日時: 2007/11/04(Sun) 05:04 記事の件名: 開発者より

サーバ94のDBのテーブルが故障していました。
現在復旧中です。

【5:00追記】 復旧完了しました。




だ、そうです。

ついでに、「スヴェトラによる詩の朗読」の記事はこっちに再掲載しました。

スヴェトラーノフ、マヤコフスキーの詩を朗読する

※この記事は4日夜に再投稿しました。
 事の経緯はこちら



マヤコフスキー:詩集
朗読 エフゲニー・スヴェトラーノフ
Rec:1987年 ADD スタジオ録音
Classical Records 

Evgeny Svetlanov reads poetry by Vladimir Mayakovsky
mayakovsky.gif



フェドトフ/神奈川フィルのチャイ5を買った時、一緒に注文したCD


一番大事なんはソコよ。そらそうよ

ブログのテンプレートの細かいところをちょっとだけいじってみた。

何回か来て下さってる方は、2週間ぐらい前に「~の続きを読む」の部分の色が変わった事にお気づきになられたかと思われますが、
それに加えて、今回はページ下端の「前のページ」「次のページ」のリンクの色を変えました。
というのも、自分でブログを見返していて「デフォルトの色(灰色)じゃ、背景に溶け込んじゃって見難いなー。このリンクの存在自体気付かない人も多いんジャマイカ?」と思ったから。
そもそも、ブログを始めて半年以上、見難い状態でホー・チ・ミンしていた自分の、えーっと、アレだ、視野の狭さってやつに、なんか、こう、なぁ、あかんなぁと阪神の岡田監督の口調で憂慮の念を表明したくなる。

今回のテンプレート改造には、先日、某スレの239さんに教わった方法を応用しました。このブログを見てるかわからないけど、その件はありがとうございました。

えーっと、他には・・・

最近、スーパーマリオワールドをやってます。
マリオシリーズの4作目。スーファミで出てたアレです。それのGBA移植版を買ってやってます。
子供の頃はスターロードを使って、近道をしてクッパを倒して満足してましたが、折角なので、やりこんでチャンピオンシップコースのクリアを目指そうかなぁと思ってたりします。

とりあえず、そんくらい。

kaiji.png

        
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。