FC2ブログ

ヽ['A`]ノキモメンの生活廃棄物展示場    

ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

メンゲルベルク/パリ放送管の悲愴

国民革命

チャイコフスキー:交響曲 第6番 「悲愴」
ウィレム・メンゲルベルク
パリ放送大管弦楽団
Rec:1944年1月20日 ライヴ
MALIBRAN-MUSIC  CDRG 189
mengelparis.jpg
第二次大戦中、ドイツに占領されたフランスでは、第一次大戦の英雄であるフィリップ・ペタン元帥を元首とした親独中立を掲げるヴィシー政権が誕生しました。パリを含む北フランスと大西洋沿岸はドイツの占領統治下におかれていた為、オーヴェルニュのヴィシーに政府が置かれた事から、こう呼ばれております。
この当時のフランスにおいて、アンリ・ジローやド・ゴールを初めとした自由フランスや反独レジスタンスに対する当時の国民の支持は、(ドイツのマジノ線迂回作戦(マンシュタイン・プラン)で6週間でフルボッコにされた事もあってか、)戦後のレジスタンス神話からは想像もつかないほど低く、大体の国民は「ドイツ寄りの中立」がもたらす常態への復帰を甘受しておりました。
その為、フランス国内では親独のプロパガンダ放送も大々的に行われており、今回の録音に登場するパリ放送もそんなプロパガンダ放送局のひとつです。
まあ、この辺の現代フランスでは半ば無かった事にされつつある歴史についてはロバート・O・パクストンの「ヴィシー時代のフランス」という本に詳しいので、近代史が好きな方は是非一読を。

メンゲルベルクは戦前はヴィルヘルミナ女王よりも国民に人気があるようなオランダ人でしたが、ドイツ系名家出身の両親を持つ民族ドイツ人でもあったので、ナチスによる低地諸国併合後も国外脱出せずにオランダに留まっておりました。
そして、その人気に目を付けたゲッベルスの元で「真にオランダの事を考える英雄」として利用され、演奏活動を行っていた為に、戦後はナチス協力者として演奏活動を禁止され、不遇の晩年を過ごしたという事は皆さんご存知かと思われます。

そういった経緯もあり、今回の1944年の録音はメンゲルベルクのキャリアの中でも最後期にあたるもので、存在自体知られていなかった貴重な音源です。発掘したMALIBRANレーベルに感謝感激ヒデキ感激。

さて、前置きが長くなってしまいましたが演奏はというと、メンゲルベルクらしいテンポの大きな揺れや大時代的なポルタメントはあるものの、パリ放送管がメンゲルベルクに慣れていないようなぎこちなさも時折感じます。
しかし、ライヴ特有の情感もあり、二種の旧録音では味わえないような高揚感も持っています。特に実測12分を越える4楽章における呼吸の深さは圧倒的です。ここでのメランコリックな響きは現代では絶対に聴けないものでしょう。
アセテート盤からの起こしたものと思われる継続的なノイズと、盤の切り替えに合わせた音場の変化はあるものの、当時のライヴ録音にしては、十分に聴ける水準の音質です。また、やや音が細いと感じる部分があり、これはパリ放送管がCOAほどの技術を持ってない事と、ノイズを減らすことに重きを置いたようなリマスタリングが起因しているとは思いますが、それぐらいで魅力が減じるような演奏ではありません。
ただし、3楽章の7分30秒辺りで少しの音の欠落があり、ここが唯一、気になったところでしょうか。
何にせよ、同曲のファン、メンゲルベルクのファンの両方に薦められる録音ですし、近代史好きとしてもくすぐられるところがあるCDだと思います。
スポンサーサイト

シンサ6が届いた。

だいぶ前に、オプチマムのプロテインがあっさりしていて飲みやすい(=美味しいというわけではない)というような事を書いて以来、しばらく使っていたんだけど、先日注文する時にモノは試しと前から気になっていたBSN社のシンサ6を買ってみた。
ホエイプロテイン、ミルクプロテインを初めとした消化吸収の異なるプロテインを何種類も混ぜて、長時間血中濃度を高く維持することが最大の売りらしい。(カゼインプロテインとホエイプロテインを使い分けるのが面倒な人向けなのかな?)
syntha6.jpg
ネットで評判の良かったイチゴ味を選択し、届いたところで、さっそく水に溶かして飲んでみた。
・・・だいぶクリーミーな味だ。Championのプロテインを牛乳に溶かすとこんな味になるんじゃなかろうか。
やや甘味が強いと感じるが、海外のその他の甘すぎるプロテインに比べれば許容範囲ではある。
普通に飲める味だが、このクリーミーさはトレーニングの後だとつらいものがあるかも知れない。
また、成分表を見ればわかるように、1回使用分あたりのカロリーが高めなのでプロテインというより、ウェイトゲイナー的な性格があるのかも。
とりあえず、トレーニング前後は今までどおりオプチマムを飲んで、寝る前に飲む分としてシンサ6を使ってみよう。

アンセルメのシベ2

ベッドのスプリングがヘタってしまったから、新しいのを買おう。そうしよう。

シベリウス:交響曲 第2番 ニ長調 op.43
エルネスト・アンセルメ
スイス・ロマンド管弦楽団
Rec:1963年10月 
DECCA ELOQUENCE  480 0044
ansersibe.jpg
客観的なアプローチという形容の仕方がありますが、この演奏はその中でもなんとも特殊な、それこそ楽譜の表面をなぞっているだけのような印象を与えます。しかし、よくよく聴いてみるとシベ2の断片的な主題の繰り返しを丁寧に積み上げていく様が見えてきます。内声部が上手く処理されているのです。
この演奏、悪い言い方をすると素っ気無いとも言えてしまいそうですが、それも極めてしまえば、また別の魅力を創出するという事を教えてくれます。それもシベ2という曲の懐の深さなのかも知れませんが、いやはや、なかなか新鮮な体験をさせていただきました。
例の如くアレな時がある、OSRのアンサンブルと木管の音色を微笑みと共に許せるという方は、暇があったら聴いてみてください。とりあえず、未知のエリアには行けると思います。

エレシュコのラフマニノフPコン2番

暑くなったり寒くなったり忙しいのは勘弁って言ったじゃないすか(棒読み)

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.30
ピアノ:ヴィクトル・エレシュコ
ゲンナディ・プロヴァトロフ
ソヴィエト交響楽団
Rec:1984年
Venezia   CDVE04377
eresrach.jpg
BMG-MelodiyaからCD化された際に購入を後回しにしていたら廃盤になってしまい、Veneziaの復刻でようやく手に入りました。
卓越したテクニックに裏打ちされた叙情的な演奏です。
今までありそうでなかったパワーとテクニックと情感を高いレベルで併せ持った演奏で、オーケストラの力強い音色に負けずにしっかりと聴かせてくれます。生で聴くとピアノパートがオーケストラの押しつぶされがちな曲ですが、録音のマジックによって双方の美点が活かされていると言えるでしょう。
そして、何と言っても1楽章の5分過ぎあたりからの左手のパートがもう美しすぎます。どうやったらこんな音が出るのでしょうか。ここの弦楽器との掛け合いは鳥肌ものです。
音質は年代相応か、やや下ぐらいですが、腐ってもデジタル・ステレオ世代の録音なので特に問題はないかと思われます。

併録の3番のスローテンポな怪演に目がいきがちな全集ですが、この2番こそが最も聴くべき部分だと思います。オヌヌメ!

ドミニカのオーケストラのチャイ5

ハイチとドミニカ、何故差がついたのか・・・慢心、環境の違い・・・

チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 op.64
フィリップ・アントルモン
サント・ドミンゴ音楽祭管弦楽団
Rec:1998年? ライヴ
Arcobaleno   AAOC-94222
domtchai.jpg
アントルモンが中国の深圳(シェンヅェン)交響楽団を振ったショスタコーヴィチのタコ5が発売された時、指揮者について調べてみたら「サント・ドミンゴ音楽祭の音楽監督を務めており~」という記述を見かけたので、「ドミニカにもオーケストラがあるのか」と、ラフマニノフの交響曲第2番の録音を購入したことがあります。
そのラフマニノフは、カットが多いものの中々に堂に入った演奏で、聴衆の咳やらが多少聞かれても気にならずに楽しめました。・・・で、それからしばらくして、通販サイトを見ていたら「サント・ドミンゴ音楽祭管弦楽団」の文字を再び見かけたので、早速購入してみたのが、今回のCDです。
まず、とんでもなく残響の入ったCDです。こんなにぐわんぐわん鳴っていたら、演奏しにくくて仕方ないと思うのですが、これは元からこうなのでしょうか・・・?
更に、このCDは演奏日時の詳細やロケーションが記載されていませんので、この残響がホールの特性によるものなのか、それともエンジニアによって後から付け足されたものなのかがわかりません。つまり、「同じホールを使ったラフマニノフはこのような状態ではない。だから、後から付け足した残響だ」と断言する事も出来ないという事です。
残響の多い録音を「風呂場録音」という風に呼ぶことがありますが、これはもう、風呂場を通り越して巨大な教会で演奏しているような感じです。チェクナヴォリアン指揮のサン=サーンスのオルガン交響曲(VareseSarabande→Regis)もこんな録音でしたね。
もうこの段階で珍盤フラグがビンビンにおっ立ってましたので、どうなるものかと思って聴き始めましたが、演奏自体は中庸なものでした。ミスも散見される上、この演奏じゃないと聴けないというような個性も、妙な残響以外には無いので、特にオススメするような点もないと思います。残念。
        
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。