FC2ブログ

ヽ['A`]ノキモメンの生活廃棄物展示場    

ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ブーレーズのベト5

ブーレーズは日本人のメディア関係者に
「Boulezを日本語で表現する際はどう書いて欲しいですか?
赫々然々な表現がありますが」と聞かれて、
「最初の伸ばし棒を短くすればいい」と答えたそうな。
という事は、ブ-レーズ?ブゥレーズ?

ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 op.67
ピエール・ブーレーズ
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
Rec:1968年12月
Sony SRCR2510
boulezbeet5.jpg
有名な指揮者になると「(指揮者名) conducts (作曲家名)」と、レコードやCDのジャケットに大書される事があります。誰々が指揮した何とかの曲、ごく普通のタイトルです。
これは、ブーレーズも同じで、昔のブーレーズのレコードのジャケットを見ると「Boulez conducts (作曲家名)」なんて、書いてありますね。
ところが、このブーレーズの指揮というのがクセモノで、大抵は既存の録音とは毛色の全く違うセンセーショナルな演奏だったりして、リリースの度に話題をかっさらっていくもんだから「Boulez conducts」は、普通のタイトルとは違う特別なもののように扱われていた。・・・らしいです。
まあ、僕はブーレーズがフランス楽壇にケンカを売ったのを目撃した世代ではないので、伝聞でしかないわけですが、当時の音楽ファンが「Boulez conducts」と題される録音に持っていた期待みたいなものが伺える話だと思います。

さて、今回のベートーヴェンはそんな「Boulez conducts」なタイトルの録音のひとつです。リリース当時、「ベートーヴェンが見落としていた運命の第3楽章の反復を復元!」とか「フルトヴェングラーより遅い最長の演奏!」とか言われていたそうです。
聴いてみると、最長の演奏の名の通り遅めのテンポのベト5ですが、何より面白いのが有名な「ダダダダーン」をことさらに聴こえやすくしている事です。皆さんもご存知なように、この曲はこれの繰り返しで成り立っております。
ブーレーズはこの曲を遅めに、曲のテクスチャを解明するように演奏することで、あらゆる場面に隠されている「運命」をひとつずつ白日の下に晒していくのです。苦悩から歓喜に至る全ての場面に陰に陽に仕込まれていて、さながら人生は良い事も悪い事も運命によって定められていると言わんばかりに。
一、三楽章の反復再現は、今となってはピリオド・アプローチの録音で時たま見かけますが、その論拠となるクラウス・カニジウス(ブーレーズの弟子の一人)の論文は1966年に発表されたものなので、ブーレーズは世界に先駆けて形にしたと言えるでしょう。
演奏としてはオーケストラの見通しも良く、埋もれがちな音もちゃんと聴こえてきますが、4楽章などでちょっとオケが走り気味なのが個人的に気になりました。慣れないスローテンポに戸惑っているのかも知れませんが、この辺りもしっかり統率されていれば、もっと良くなったと思います。
広くオススメできるタイプの録音ではありません。しかし、この曲の新たな一面を見たいという方は聴いてみると良いでしょう。
スポンサーサイト

マレーシア・フィルの「わが祖国」

先週末から、風邪を引いたわけでもないのにクシャミがよく出る。
ついに花粉症というやつにかかってしまったんだろうか。
それはそうと、ラン・シュイ/シンガポールsoの「大地の歌(広東語歌唱)」はハズレだった。南無。

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」
クラウス・ペーター・フロール
マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
Rec:2009年8月
BIS  BIS-SACD-1805
malayvlast.jpg
マレーシアは東南アジア、シンガポールとタイに挟まれたあの国ですが、そこのオーケストラとなると馴染みが無い方もいらっしゃるかもしれません。しかし、マレーシア・フィルはたびたび来日していて、その度にかなりの技量を披露して日本のクラオタを楽しませてくれています。
そうです。いろいろと小うるさい日本のクラオタもビックリするぐらい上手いオーケストラなんです。では、何故そこまで上手いオーケストラなのかというと、スポンサーであるマレーシア国営石油企業ペトロナスの資金力を背景に、世界中から腕っこきを集めているからなんですね。なんと、メンバーの8割以上が非マレーシア人です。先日のアジアカップにおけるカタール代表を思いだしますね。
マレーシアフィルは、前述のペトロナスの本社が入っているクアラルンプールのペトロナス・ツインタワーに付随したホールを本拠地としていますが、その資金力と技量に見合った格調高さを演出するべく、男性はバティック(ムスリム男性の正装)か、長袖スーツwithネクタイというような厳しいドレスコードを設けています。Tシャツにジーパンで行ったら門前払いですよ。

2008年から音楽監督を務めているクラウス・ペーター・フロールはベルリン交響楽団に始まり、ミラノ・ジュゼッペヴェルディ交響楽団からフィルハーモニア管やダラス交響楽団を歴任した実力派で、こちらも何度か来日しています。
さて、ここまで書けば「そこいらのアジアのオケとは一味も二味も違う」というイメージは持っていただけたかと思いますので、演奏について書いていこうと思います。

さて、演奏の方はなかなか独特なものです。場面ごとに変幻自在に調子を変えていくので、コントラストがかなりハッキリしています。モルダウの急流からの追い込みの迫力は流石ですが、この演奏での白眉はシャールカでしょう。冒頭からの弦楽器のキレのある追い込みがとてもスリリングですが、中間部の落ち着いた響きの美しさも素晴らしく、ポルタメントのかけ方が何とも気持ちいい。そして、終結部では一気にギアを上げ、 高速テンポでバシっと決めます。これに限らず、全曲を通じて厳格に統率されたオーケストラによる見事な音の絵巻を楽しめるでしょう。オススメです。

ちなみに、マレーシア国立交響楽団はマレーシアフィルと打って変わって貧乏ローカルなオーケストラで、日本人ボランティアの大田さんが丹精こめて育てております。詳しくはこちら
        
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。