FC2ブログ
ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

カバスタのブル4

今年はヴァン・アレン帯の記念日が日曜日で良かったね。

ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」
オズヴァルド・カバスタ
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
Rec:1943年6月30日
Music&Arts CD1072(2)
kabasta.jpg
フルトヴェングラーの新世界交響曲のニセモノレコードの本当の演奏者として知られているカバスタ。
経歴と録音の少なさ、ナチ党員という過去もあって現在じゃ忘れられているけど、生前はブルックナーの専門家として高い評価を受けていた。らしい。
その評価に違わず、感情的で推進力を持った名演。力感のある両端楽章に挟まれ、滑らかに歌うアンダンテと、緊張感があって鋭く響くスケルツォの対比が実に心地よい。
ポスト・ロマンティカーの演奏するブルックナーとしては出色の出来と言えるだろう。ブル4が好きな方には是非聴いていただきたい。
このような素晴らしい演奏をしていたカバスタだが、1944年に連合軍の爆撃によるケガを理由としてミュンヘンpoを辞任し、その療養中に終戦を迎え、戦後はナチスの熱心な支持者であった事を理由に一切の演奏活動を禁じられて絶望し、1946年に麻酔薬を致死量注射して自殺したとの事。ああ、無情。

音質に関して言うと、注意して聴かなければ分からない程度のごく僅かな欠落があるものの、同時代のものとしてはかなり良い部類で、ノイズは無くとも、情報量は多い。さすがナチスの科学力は(略)というところか。
また、聴いた分では使用楽譜はハース版だと思うけど、ライナー等に書いてないから断言はしないでおく。
そういえば、ハースもナチ党員だったっけ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。