FC2ブログ
ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

シャポーリンの喜劇組曲「蚤」

シャポーリン:民族楽器と管弦楽の為のレスコーフによる喜劇組曲「蚤」
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
ソヴィエト国立交響楽団
Rec:1982年2月12日ライヴ
BrilliantClassics 9019
brirozh.jpg
ブリリアントの箱物の中の一枚。
レスコーフというのは、ショスタコの歌劇で馴染み深いマクベス夫人の原作を書いた人。蚤というタイトルはレスコーフの「トゥーラのやぶにらみの左利きと鋼鉄の蚤の物語(The Tale of Cross-eyed Lefty from Tula and the Steel Flea)」という作品から来ているっぽいだけど、それを読んだ事がないのでなんともいえないからスルーで。
長いものでも3分弱、短いものでは1分弱という小品を6つほど集めた軽くてわかりやすい組曲といった感じで、ロシア版アンダーソンというところかな。
とにかく、弱音部でも底抜けに明るい酒場の音楽のような曲ばかりが揃っている。民族楽器と名が入っているだけあってバラライカやバヤンが登場し、リズミカルで明るい曲を演出しているが、弦楽器はコントラバスがたまにピッツィカートをやるぐらいでヴァイオリン等は参加していないようだ。
こういうモノクロな音楽って好きです。ロジェストヴェンスキーも第二集が出ると良いな。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。