FC2ブログ
ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ザンダーの新世界ライヴ

早く梅雨が終わりますように。
※追記※
今朝、起きたら梅雨明けしてました。

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95 「新世界より」
ベンジャミン・ザンダー
ニューイングランド音楽院ユースフィルハーモニー管弦楽団
Rec:1995年6月
CPI  329405
zanddvo.jpg
ニューイングランド音楽院ユースフィルハーモニー管弦楽団はそのまんま、ニューイングランドにある音楽院のユースフィルだが、南米演奏旅行を何度か行っている。らしい。今回の録音もその最中での録音で、この時のチリとアルゼンチンへの演奏旅行の模様はWGBH(ボストンの公共放送局)がドキュメンタリー映画として放送し、大反響を得た。らしい。
さて、演奏はなかなか熱いものである。ティンパニのアイザック・ヴァイナー君がやたら気合が入れている以外は、それほど強力な音を出すという事はないのだが、キレの良い音運びと緩急自在の指揮で高揚感のある演奏に仕上がっている。また、全曲において、程好い緊張感が持続しているのも素晴らしい。若々しい響きとはまさにこういう録音の事を言うのだろう。終演後の熱狂的な拍手と、楽団員の足踏みも納得の演奏だ。
僕は最速の第九やTelarcへの一連の録音から、ザンダーは学者肌な人間でこういう演奏はあまりしないようなイメージを持っていただけに意外だった。あえて言うと、ユースオーケストラだけあってか、やや弦楽器(特にヴァイオリン)が薄いような気がするが、その分しっかりと揃っていて、透明感があるので問題なし。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。