ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

アシュケナージのアルプス交響曲


生まれ変わったら金管奏者になりたい。そして、アルプス交響曲を吹きたい。どうも、キモメンです>挨拶
この挨拶もお久しブリーフだと思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
前回に続いて、指揮者アシュケナージの(勝手に認定した)代表録音です。

R・シュトラウス:アルプス交響曲 op.64
ウラディミール・アシュケナージ
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
Rec:1999年3月21-22日
CANYON Classics  POCL-00509
ashalpine.jpg
アシュケナージの同曲録音はDeccaにおけるクリーヴランド管の録音が評判高いみたいで、今でもちょくちょく復刻されてます。でも、今回、僕が聴いて欲しいのはチェコフィル盤の方です。(これら以外にもEUユース管弦楽団を振った2種類の録音があるらしいけど、未聴)
さて、この録音においては、チェコ・フィルのコンディションがまず素晴らしいですね。古き良き東欧のオーケストラの美点だけを結集したような、低音を基調とした透明感のある弦楽器、瑞々しい木管、鋭さと繊細さを併せ持つ金管、そして、それらのすべてのセクションの理想的な内声バランス。繊細で明快な響きと迫力を両立させた音でしょう。
アシュケナージも、それを活かして骨太の音楽を奏でています。「林で道に迷う」~「幻」にかけての緊張感をもった運びから生み出される荘厳さは、まさにアルプスの光景という感じ。(登った事ないけどね)
序曲「オセロ」に続いて、オススメの録音なので皆さん聴いてください。併録の「ばらの騎士」からの抜粋ワルツ集もR・シュトラウスファン的にありがたい。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。