ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ルドルフ・バルシャイ死去

Rbarshai.jpg
現地時間11月2日にバルシャイが世を去った事をロシアのメディアが伝えております。

指揮者にして奏者、ルドルフ・バルシャイ死去(ロシア・ガゼッタ新聞社)
(適当な意訳)
ロシアの指揮者、ルドルフ・バルシャイが87歳で死去したとスイスのKultura(文化)が報じた。
バルシャイはボロディン四重奏団でスヴィアトリャフ・リヒテル、ダヴィド・オイストラフ、レオニード・コーガン、ロストロポーヴィチらとも共演している。
世界的に有名になったのは指揮者兼奏者として最初のキャリアを踏み出したモスクワ室内管弦楽団を創設してからであり、ショスタコーヴィチの交響曲第14番の初演など、旧ソ連の作曲家の作品を多く演奏した。
また、ルドルフ・バルシャイはバッハやマーラー、ベートーヴェンなどの編曲版の作者としても著名であった。
1970年代後半にソ連から亡命し、その後はイスラエル、イギリス、カナダ、アメリカで客演している。
近年はスイスに住みながら、ロシアのモスクワ・ヴィルトゥオーゾへの客演も行っていた。


有名指揮者、ルドルフ・バルシャイ死去(ネット新聞UTRO)
こちらには、2年前から体調を崩していたような事が書かれています。

ロシアの有名な指揮者、ルドルフ・バルシャイ没(ノーボスチ・ロシア通信社)
こちらによると、スイス北部のラムリンスブルクにある自宅横に埋葬されるとのことです。

ここ数年、旧ソ連の時代から有名だった音楽家、それもショスタコーヴィチと親交のあった世代が冥府に旅立っていくのが続いてます。ロシア音楽・演奏者のファンとしては寂しい出来事ばかりです。
僕がバルシャイを初めて聴いたのは、タコ14の初演録音(RussianDisc)だったかと思いますので、それを聴きながら冥福を祈りたいと思います。合掌。
キモメンロシア語読めるのか
[ 2010/11/04 22:04 ] [ 編集 ]
露日辞典片手に頑張っただけでう。
[ 2010/11/12 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。