ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ノスイレフの交響曲第4番

収容所送りになった作曲家といえば、ヴォルクタ以上に酷い白海運河でペレコヴカ(再教育)されたモソロフが思い浮かぶ今日この頃。チェロ協奏曲が復刻されて良かったNE!

ノスイレフ:交響曲 第4番
ヴラディミール・ヴェルビツキー
サンクト・ペテルブルク・アカデミック交響楽団
Rec:1997年4月
OLYMPIA  OCD 653
nosyrefsym4.jpg  
ミハイル・ノスイレフは1924年にソ連のレニングラードに生まれた作曲家。第二次大戦中のレニングラード包囲戦の最中においても疎開せず、レニングラードに残って音楽活動をしていました。
しかし、その中の1943年に「反ソ的な日記が自宅から発見された」として家族共々、国家反逆罪でNKVDに逮捕され、銃殺刑が宣告されてしまいます。2ヶ月後には懲役10年に減刑されましたが、ヴォルクタの強制収容所に送られ、そこで採鉱員の傍らで同地の小劇場監督などをして過ごす事になったそうです。
(※ノスイレフが送られたヴォルクタ収容所は苛烈な支配体制で知られ、囚人の怒りが爆発した大規模な蜂起が二回発生しています。詳しくはソルジェニーツィンの収容所群島の第3巻をどうぞ)

1953年の釈放後は、コミックオペラの劇場やヴォロネジの歌劇場で指揮者として働く傍ら、収容所時代から行っていた作曲活動を本格的に再開します。今回取り上げる交響曲第4番は1980年、ノスイレフの死の1年前に完成され、弦楽四重奏曲第3番に次ぐ遺作となっています。
ショスタコーヴィチの晩年の作品を更にトガらせたような曲で、カタストロフィをイメージしているそうです。全二楽章の短い曲ですが、とにかく音響が怖い。本能に訴えるような、漠然とした恐怖感を与える曲です。
一楽章はトライアングルによる静かな開始から、トーンクラスターが炸裂し、分散不協和音の連発につながります。旋律らしい旋律はなく、現代音楽らしいとところですが、不思議と聴き辛さは無く、代わりにグラグラした足場の上に立っているような、何となもいえない不安感があります。
二楽章はウッドブロックから肉付けしていくオスティナートに始まり、トゥッティでバーバリズム溢れる凶悪な響きで一度頂点を迎えます。そして、静けさの中、再びウッドブロックによって再開されますが、今度はリズムが変化していて「・・・---・・・」という、モールス信号の「SOS」のリズムを執拗に繰り返しながら、再び音楽が肥大化していきます。これを2回くりかえした後、一楽章冒頭の主題(と言っていいのかどうか)を回想し、ヴァイオリンソロの物悲しい響きの中、虚空に消えていくように終わります。
怖い曲というのは、「暗い日曜日」のように、その曲の成立とその後のプロセスやらで、副次的にそうなる事が多いですが、この曲ばかりは「聴こえてくる音」が恐怖感を与えてくれという、何とも貴重な経験ができます。
OLYMPIAが倒産して以来、入手が困難になってしまいましたが、現代音楽が極端に苦手じゃなければ探すだけの価値はあると思いました。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。