ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ネシュリングのローマ三部作

今月の更新はここまで。

レスピーギ:ローマ三部作
ジョン・ネシュリング
サンパウロ交響楽団
Rec:2008年2月
BIS  BIS-SACD-1720
nescroma.jpg
これはローマ三部作の録音史に残る名演です。グレートですよ、こいつはァ!
噴水では滑らかで芯のある弦楽器の美しさが際立ちます。フレーズのひとつひとつが、滑らかに繋がっていき、これが本当に美しい。ここだけで自分の評価はハネ上がりましたが、続く松はもっと素晴らしかったのです。
ボルゲーゼ荘の松は賑やかで派手派手しく鳴らされますが、ここでのネシュリングは軽妙にオーケストラを制御しているので、くどさは全くありません。しかし、続くカタコンブでは一転して重苦しく表情を変え、壮麗な音を出します。この対比の上手さが凄いですね。やろうとは思っても、ここまでハッキリとはなかなかできません。
そしてアッピア街道の松では速めのテンポを取り、頂点に向けて一気呵成に仕上げます。この後の祭りでもいえることですが、バンダの扱いも考えられていて、舞台のオーケストラとの相乗効果で圧倒的なスケールを感じさせてくれます。ここは是非とも、部屋を揺らす大音量で聴いて欲しいところですね。
祭りは、噴水とは逆にフレーズの区切り型が天才的です。チルチェンセスにおける楽譜通りのクレッシェンドと、その後の休符での切り替えはサンパウロ交響楽団のレベルの高さを伺えます。主顕祭における金管楽器の快活な音、特にホルンの抜けの良い響きがたまりません。終盤のサルタレロのリズムからの安定感は流石です。

音質もBISの本気というに相応しい程で、大管弦楽の音色が細部まで違和感なく聴き取れます。是非ともマルチチャンネルで大音量で再生して、豊かなホールトーンの心地よさを楽しんでください。解釈、オーケストラ、音質、全てが完璧なローマ三部作の決定盤の登場ですよ。

この録音以外にも、サントロやヴィラ=ロボスのショーロス全集や交響曲全集などのお国ものの他、ベートーヴェンでも名演を連発したネシュリング&サンパウロsoですが、予算削減を画策した事務局とネシュリングが対立してサンパウロ交響楽団を解任されてしまったらしいですね。残念。

ちなみに、BISのCDの殆どに入っている最後の和音の後の20~30秒の無音部は、クラオタの社長が「最後の盛り上がってる時に、CDのピックアップが戻るジー…って音が聴こえたら興醒めするよね」って事で、余分に入れているものです。
知ってたらすいません。
BISの話、知りませんでしたが、良いお話ですねえ。。
とはいえ終わってから無音状態が続くと、つい隠しトラックかと思っちゃいますが(笑
[ 2011/01/24 22:34 ] [ 編集 ]
僕も最初は何かと思ってたんですが
理由を知れば、なるほどって話なんですよね。
[ 2011/02/08 16:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。