ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

父ヤルヴィ/BPOのシェエラザード


リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
VnSolo:ダニエル・スタブラワ
ネーメ・ヤルヴィ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
Rec:2006年6月18日 ライヴ
EUROARTS 2055318
jarvibpo.jpg
「オリエンタル・ナイト」と題されたベルリンフィルのポピュラーコンサートのDVDです。この演奏会は野外で行われ、老若男女の聴衆はビニールシートの上で座ったり、寝転がったり、彼女といちゃついたり、花火したりしながら、リラックスして聴いています。
ソロを務めるダニエル・スタブラワは現在のBPOの第一コンサートマスターの中で最も古株で、カラヤン時代からいる方です。
このシェエラザード、演奏順が妙な事になっていて、シェエラザードの1・2楽章→ペール・ギュント組曲→マスネー→サン=サーンス→シェエラザードの3・4楽章というようにぶった切られています。
DVDで映像付きでこう流れるわけですから、意図的にこうしたのだと思いますが、本当に謎です。普通にやればいいのに。

さて、演奏はというと・・・非常に真っ当なものです。何も足さない何も引かない。ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団と迫力ある録音を残したヤルヴィのライヴという事で期待して聴き始めた僕はちょっと拍子抜けしました。
演奏者と聴衆はなかなか楽しんでいるようで、ところどころ笑みを浮かべて演奏していますが、DVDでは伝わってこない感動のようなものが現地ではあったのかも知れません。
何にせよ、こうして録音で聴くにはちょっと物足りないかなという出来でした。
しかし、他の軽い曲は楽しく聴ける演奏ばかりでしたので、こちらを目当てに買うというのはアリだと思います。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。