FC2ブログ
ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ホノロフの交響曲第1番「ショア」

恥の多いクラヲタ生涯を送って来ました。
自分には、マトモなクラオタの趣向というものが、見当つかないのです。自分はソ連の音楽家と歴史にハマりましたので、真っ当な演奏をはじめて聴いたのは、よほど大きくなってからでした。
自分は未聴CDの山を、上って、降りて、そうしてそれが音楽をまた聴くために造られたものだという事には全然気づかず、ただそれは未聴の山(ミチョランマ)みたいに、複雑に楽しく、部屋を埋め尽くすためにのみ、生産されてあるものだとばかり思っていました。しかも、かなり永い間そう思っていたのです。(出典:クラオタ失格)

ホノロフ:交響曲第1番「ショア」
アレクサンダー・ミハイロフ
モスクワ放送交響楽団
Rec:1994年9月12~15日
CENTAUR CRC 2333
honoroff.jpg
リチャード・ホノロフはアメリカのユダヤ系作曲家。らしい。ブックレットによると、ホノロフはクラシックよりはポピュラーミュージックやイージーリスニングの方の音楽家なようで、アメリカの放送局向けにオリンピックやNFLといったスポーツ関連の番組のBGM作曲から、自作のミュージカルのピアノ演奏までこなすマルチな人みたいだ。
今回の曲は1994年2月4日にベルリンで開催されたショア・コンサートの為に作曲され、第二次大戦中に命を落としたユダヤ人に捧げられた。らしい。
そもそも、「ショア」って何やねんって思って調べてみたら、ナチスによるユダヤ人大虐殺、いわゆるホロコーストをヘブライ語で“惨事”を意味するショア (השואה) と呼んでいるとの事。

さて、曲自体は交響曲と名乗っている割にはシンフォニックなところは無く、聴きやすい旋律と伴奏という構成が続いて映画音楽っぽい。ラヴェルのボレロほどではないが、オスティナートで、同じような旋律が何度も何度も繰り返される。三楽章形式でそれぞれの楽章は8分前後の短い交響曲なので、あまりクドさは感じない。
一方で、「ここで盛り上がってくれよ」と作曲家が意図したであろう部分はあるのだけど、演奏効果のあまり無さそうな楽譜では限界があるのだろうか、聴いている方にはあまり響いてこない。
なんとな~くカッコいい旋律が、なんとな~く続いていくだけだ。これなら、ジョン・ウィリアムスの映画音楽作品の方がよっぽど楽しく聴けると思った。ジョン・ウィリアムスってやっぱり凄いんだなぁ。

そして、続くのは「Testament」。直訳すると遺言とか遺書ってところか。
ライナーには作曲者のこんな言葉が書かれている。「私の家族は1939年にナチス・ドイツから逃れることが出来たが、私の妻ベティーの家族は死の収容所に送られてしまった。私はこのホロコーストという闇の歴史が忘れられる事がないようにしたい。また、私は過去の遺産に敬意を払い、未来に希望を持ちたい」
交響曲第1番と同じ日に初演された姉妹作で、曲の内容も出来も1番と同じような感じ。ホノロフがこの曲にかけた想いは十分にわかるが・・・うーむ・・・。

悪くは無い。悪くは無いぞ。でも、これしか録音が存在しないのも仕方ないかなって曲だった・・・。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。