FC2ブログ
ここに書く事が無いんだけど、それは大丈夫なんですかね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

姜明惠のピアノ協奏曲「白頭山の吹雪」

MarcoPoloの中国作曲家シリーズ収集という苦行も終わり、舞台は朝鮮半島へ。
そのうち、安益泰もやろう。

姜明惠:ピアノ協奏曲「白頭山の吹雪」
ピアノ独奏:姜明惠
指揮者:読めない。
朝鮮民主主義人民共和国国立交響楽団
Rec:書いてない。スタジオセッション、デジタル・ステレオ録音。
KMC  SSO-C-103 シリーズ第3巻
DPRK103.jpg
白頭山に輝く金の明星にして我らが偉大なる指導者、同志金正雲万歳!万々歳!・・・・・・よし!これで何書いても北の工作員に襲われる事はないな!(震え声)
・・・ということで、朝鮮民主(略)交響楽団のレニングラード交響曲以来の登場となる北朝鮮のオーケストラの録音です。
白頭山は、何人目かわからない金日成が抗日ゲリラをやっていた頃にゲリラのアジトがあり、金正日はそこで産まれたということになっている場所です。アリランの歌詞にも登場する朝鮮民族にとってのケーニヒスベルク、魂の故郷のような場所です。多分。

「白頭山の吹雪」は同名の北朝鮮の映画のために作曲されたらしいのですが、例によって情報が乏しく、その映画のあらすじも見た事がありません。
曲自体はショスタコーヴィチの「忘れがたき1919年」を彷彿とさせる超世俗的ピアノ協奏曲です。これを前にしてしまうと、フレンニコフも顔を赤くして逃げ出してしまうぐらいの狙いっぷり。
それでも、9分強のうちに導入→悲劇→攻勢→勝利までの流れがキレイに収まっている辺り、ただものではありません。また、北朝鮮のオーケストラのやたら硬質な響きが、また妙なアクセントとなっており、独特の世界観を醸成しております。頭を空っぽにして聴きたい曲です。

ちなみに、以下で作曲者自作自演のライブ映像が見られます。音の悪いモノラルですが、どういうものか知る事は出来ると思います。
いつぞやのフェラーリ仕様よろしく、真っ赤に染められた革命的な色のピアノが特徴的ですね。
朝鲜神曲--钢琴协奏:白头山上的暴风雪--现场版!演奏:姜明惠(拉赫瞬间阵亡)
楽譜が違うのか、CD版とところどころ違う部分があります。
※中国のサイトなので少々重いです。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
        
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ別
音楽は作曲家の出身地域別。 (調整中)
プロフィールとか

ヽ['A`]ノキモメン

Author:ヽ['A`]ノキモメン
武蔵国に生息するキモオタが、ダラダラと書き連ねる落書き帳ブログです。
音楽レビューやその他雑記など、意味不明だったり、極端に偏っていたり、激しく的外れだったりしている事を書くかも知れませんが、頭が弱い子の私見と妄想だと思って笑って見逃してください。
特に音楽レビューでは良い演奏かどうかよりも、面白いかどうかで判断する傾向が強いので、初めて触れる曲について、このブログの記事を参考にしない方が良いかもしれません。

好きなもの:珍クラシック、ラノベ、ロケット、飛行船、SF作品
嫌いなもの:生のトマト、茄子

更新ペースは不定ですが、月に4つぐらい記事を書けたら良いなと思っています。

そんなこんなで、このままでいいのだろうかと悩みながら結局ずるずるとやっているブログです。このままでいいんでしょうか。

ご意見、ご感想、相互リンク依頼、文句、愛の告白等々はコメント欄の他、こちらからも受け付けております。↓
one.two.three.aces(アットマーク)gmail.com
こっちは返信が遅れたりするかも。

このブログは、2chの喪ブログ・アンテナに参加しております。


このブログはリンクフリーです。
リンク先はトップページに限定しません。お好きなところをお好きなように晒しあげてください。

旧称:ヽ['A`]ノキモメンの生ける屍のような生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。